Dream

映画館に行って映画を見ることはあまりないのですが、子どもが見たい映画があるというので、一緒に「Dream」という映画を見てきました

公式サイト

若干ネタバレも含みますが、それでもかまわない人は読んでください

一言でいうと、NASA版下町ロケットとでもいうようなストーリです。というか、こちらこそ本家かも…。黒人女性の数学者、エンジニアがNASAでの宇宙開発に挑んでいく物語です

大まかなあらすじ

1960年代のアメリカはまだ黒人差別が激しく残っている時代です。黒人差別、女性差別が当たり前の時代です。仕事内容、トイレ、公共機関(バス)、図書館の利用、学校などあらゆる場所に黒人差別がある時代です。アメリカは冷戦の真っただ中で、ソ連と宇宙開発競争をしています。映画の中では、ちょうどキング牧師による公民権運動が始まったころとして描かれています。宇宙開発を進めるNASAでも当たり前のように人種差別が行われています。黒人の仕事は限られており、宇宙開発にかかわっているのは基本的に「白人の男性」のみでした。どんなにやる気があっても、能力があっても黒人にはチャンスすらありません

3人の黒人女性が主人公として登場します

キャサリンは天才的な数学能力の持ち主ですが、彼女に与えられている仕事は「計算の確認」、つまり検算をすることだけです。彼女は能力を買われてスペースタスクフォースという宇宙開発の中心的な部署に配属されますが、そこでも、当然のように差別されます。その中で、宇宙船の大気圏突入の計算式を確立するという大きな役割を果たします

計算チームのリーダをしているドロシーは、チームリーダとしてマネジメントを行っているにも関わらず、管理職への昇格を拒否されています。計算チームが宇宙開発のために様々な計算の仕事をこなしているのですが、作業を高速化するためにIBMのメインフレームが導入されます。いずれ、自分たちの仕事がなくなる可能性に直面したドロシーは自らFORTRANというプログラム言語を勉強します。加えて、チームメンバーにもプログラムを勉強するように奨励します。IBMのメインフレームが導入されましたが、NASAのメンバはメインフレームマシンを上手に使いこなすことができません。そんなときに、FORTRANを勉強していたドロシーのチームがあらかじめ学んでいた知識を活かしてメインフレームを使いこなしていきます。そして、管理職のポジションを勝ち取っていきます

メアリーはエンジニアを目指していますが、トレーニングプログラムに参加するための資格がありません。実際には大学で必要な単位をすべて習得しており、周囲の仲間はメアリーの実力を認めているのですが、黒人差別のために「参加資格」がどんどんと変わっていきます。参加資格を満たすためには「白人専用の大学」に行く必要があると言われます。こうなると黒人のメアリーには機会すらなくなります。そんな逆境の中でも、メアリーは判事を説得して、学校に通うことを認めるように行動していきます

NASAの宇宙開発に貢献した実在の3名の黒人女性を描いた物語です

感想

実在の女性に焦点を当てた映画ではあるのですが、あくまで映画なので、完璧に事実と同じというわけではないです。とはいえ、こういう時代だったのは間違いないでしょう。今では信じられないような社会隔離政策のあった社会で挑戦していく姿がとても感動的です

  • NASAの中でも、白人と黒人の働くエリアが分かれている
  • 白人の勤務エリアに黒人が表れると、変な顔されている
  • 白人の勤務エリアには黒人用のトイレがないので、トイレに行くだけで、遠く離れた場所に行かないといけない
  • 職場内のコーヒーも分かれている
  • 女性に与えられる仕事は補助の仕事のみ
  • NASAにおいても、黒人は昇格できない

NASAが特別というわけではなく、社会全体がそうだったわけです。映画の中でも以下のように描かれています

  • 黒人はバスの中でも後部に専用の座席のみに座れる
  • 冷水器も白人用と黒人用が分かれている
  • 図書館も、学校も、レストランも…
  • 何もかもが差別されているわけです

    黒人差別の映画だと、どうしても暴力的に差別を乗り越えていくことが多いのですが、キャサリンたちの差別を乗り越える戦いにはそういう側面はありません。キャサリンは数学の能力を証明することで道を切り開きます。ドロシーはプログラムを自ら学び、NASAの中で必要とされる存在にすることを自ら証明していきます

    差別されている環境でも、夢をもってNASAで仕事をしているキャサリンと、上司のケビンコスナーのやり取りが印象的です。宇宙開発プロジェクトが苦しい状況になる中で、ケビンコスナーが不安げにキャサリンと話をします

    ケビンコスナー:私たちは本当に月に行けると思うか?
    キャサリン:私たちはもう月にいるんですよ

    ちなみに主人公の一人、キャサリンは、後年、オバマ大統領から大統領自由勲章をもらいます

    Androidでpush通知を送れるように実装してみた

    新着情報などがあった場合に送られてくるpush通知。今回無料でpush通知が送れるFirebaseというものがあるが
    Firebaseを使いpush通知が送れるようにAndroidを実装してみた

    参考にしたサイト

    〇Firebaseの登録

    上記サイトに従いやってください!!簡単に無料でできます

    〇Android側の実装(共通)

    ①appのbuild.gradleに1行追加

    これだけでAndroidアプリがバックグラウンドにある場合は送れるようになります!!

    〇Android側の実装(固有の端末に送りたい場合)

    ①MyFirebaseInstanceIdServiceクラスの実装(名前は任意)

    ②appのbuild.gradleに追加
    compile ‘com.google.firebase:firebase-messaging:11.0.4’
    compile ‘com.firebase:firebase-jobdispatcher:0.7.0’

    ③AndroidManifest.xmlにMyFirebaseInstanceIdServiceを追加

    ④起動Activityで①のonTokenRefresh()を呼び出す

    ⑤ログに固有のTOKENが表示されるためFirebaseのNotificationを送る画面から単一端末を選択し「FCM 登録トークン」を入力する場所にTOKENを入力し送信

    〇Android側の実装(フォアグラウンドで送信したい場合)

    ①MyFirebaseMessagingServiceクラスを実装(名前は任意)

    ②MyJobServiceクラスを実装

    ③上記2クラスをAndroidManifest.xmlに追加
    するとFirebase送信時にMyFirebaseMessagingServiceクラスのonMessageReceivedメソッドが呼ばれるようになる!!
    ちなみにバックグラウンド時はFirebaseが自動作成してしまうためメッセージのカスタマイズがむずかしい。
    別の方法を考える必要性があるかも

    〇今回のまとめ

    なかなか30分で実装とまではいかないが思ったよりも簡単に実装できます!!Androidアプリにおいてpush通知は付き物?のような気もするので今後実装予定の人がいれば参考にしていただければ!!

    好きなことに投入する

    前回の記事でも書いたことですが、長く仕事をしていく上で、「好きなことで生きていく」ということが継続できる条件だと思います

    採用でのプログラミング体験

    弊社では採用プロセスの中で仕事体験の一環として、「プログラミング」をやってもらいます。プログラミング経験者には言語に応じたプログラミングテストをやってもらいます。未経験者、あるいは自信がない場合、「Hello Java」的な簡単なプログラム学習を一緒にします。学習の場合でも、最後にいくつかの課題を出しており、簡単なプログラムを自作します

    面接ではないので、基本的に質疑応答は行いません。コンピュータに向かって、プログラムを作成する。自作するときには自分のアイディアを共有してもらいながら進めます

    終わった後に、いくつか質問します(結局、質疑…)

    なんでプログラミングをする仕事にしようと思ったの?
    楽しかったですか?
    好きになれそうですか?

    面接ではないので、「会社を選んだ理由」や「将来のこと」などは聞きません。どのような答えも正しいので…。

    しかし、実際にプログラミングを体験してもらうと、楽しそうなのか、面白そうにやっているのかは、周りで見ているとすぐにわかります。実際に体験してみたことを自分の心は偽ることはできないし、心の在り方は顔、態度、仕草に現れます。「楽しかった」「好き」という気持ちを偽ることはなかなかできないだろうと思うんです

    大学で情報系を学んできた人にはプログラミング体験でやる程度のことは簡単にできます。だからといって、「プログラミングが好き」、「仕事でプログラミングをすることが楽しい」となるかどうかは人次第です

    好きなことで生きていく

    これまでの日本社会は「楽しくなくても、仕事だからやれ」という側面が強かったかもしれません。それだけではなかったとしても、好きでなくても、なんとなく、家族のため、生活のため、生きるため、お金が必要だから、という理由で、好きでもなく、楽しくもないけど、仕事をするということになりがちです。もちろん、そういう人ばかりではないでしょうが、多くの人はそういう形で仕事に臨まなざるを得なかったかもしれません

    しかし、これからは、それだけで仕事を継続するのは難しくなってくると思います。今までは「やるべきこと」を定義するのは簡単ですし、やっていれば、結果は出てくる時代背景でした。しかし、これからは「やるべきこと」がなかなか定義できません。「どのようにやるのか」もいろんな方法があります。そんな環境では誰しもが自分で考え、自分で創造する必要があります

    自分で考え、創造するには、相当に投入しなければいけません。これからの世代は、「好きなことに没頭する」という生き方が道を切り開くだろうなと感じます。好きだからこそ、仕事の中でも努力できるし、成長していこうと思えるし、前向きに頑張れるということです。「趣味の経済」とか言われたりもします。趣味に没頭するように、楽しく生きていくこと。結果として、それが仕事につながるという事です

    好きなことに没頭する中で、ほんの少しでも「他者のために」とか、「周囲の幸せのために」という気持ちがあれば、きっと私たちの社会はもっと良くなるだろうと思います