フルスタックエンジニアを目指す|株式会社ナンバーワンソリューションズ

フルスタックエンジニアを目指す

Culture

リーダーシップについて考える

更新日:

リーダーは嫌?

「管理職はイヤ」は通用する?

管理職やリーダーになりたくないという気持ちはよくわかります。専門的な仕事をしていればしているほど、担当の仕事以外に忙殺されるのは煩わしいです。自分単体で結果を出すことができても、チーム全体でより高い結果を出すのは簡単ではないです

大学生の頃に、授業の一環で若手で活躍しているビジネスリーダーがゲスト講師をしているセミナーに参加しました。その方がセミナーの中で発問されました

「皆さんの中でリーダーになりたい人はいますか」

私も含めてほとんどの大学生は「リーダーになって責任を背負うよりも、自分の好きな仕事だけをやっていきたい」という答えをしました。「好きな仕事」と言えば、聞こえはいいですが、要するに責任を背負いたくないというのが本音です。その方はセミナーのなかで「なぜリーダーシップが必要なのか」を丁寧に説明されていました

リーダーシップは誰にとっても必要

どんな小さな組織であっても、小さなコミュニティであってもリーダーというのは、とても大変なことです。なので、多くの人はリーダーになることを嫌がります。「責任を持ちたくない」「リーダーに向いていない」「自信がない」「気楽にやりたい」「一人がいい」。リーダーのポジションを避けようとする気持ちはよくわかります。リーダーというのは大変なことだからです

しかし、誰もが避けることができないリーダーのポジションがあります。自分の人生に対するリーダーシップです。このポジションからは誰も逃げることはできません。誰しもが日常的に何らかの決断をしながら生きています。自分の人生にどのようなリーダシップを発揮しているかが問われます

自分が何らかの組織のリーダーであるかどうかは関係なく、全ての人にとって人生のリーダシップが必要です

リーダーシップを発揮する

リーダーシップは、組織内の管理職、企業の社長、政治家などものだと思いがちですが、立場は関係ないはずです。どんな立場であっても、自分自身がそれぞれ置かれている場所でリーダーシップを持ち、発揮することができます

「自分の未来を実現するにはどうしたらいいか?」
「よい未来を実現するためはどうすればいいのか?」
「よい世の中につながるにはどういう仕事のやり方が必要なのか?」
「自分の周囲の人に幸せになってもらうにはどうすればいいのか?」

自分が置かれた立場でリーダーシップを意識すれば、自分の行動様式は大きく変わります。自分の行動が変われば、周りからの評価も変わるでしょう。周りの行動も変わっていくでしょう。良い影響の循環が生まれるはずです

弊社のビジネスにおいては技術力が重要になります。しかし、それ以上に大切なのは、ビジョンを持ち、リーダーシップを発揮する人が生まれてくることです。そうすれば、自然と良い循環が生まれ、個人も、会社も発展していきます。社会にも良い影響を与えることができるはずです

ということは、弊社にとっても、リーダーを育てることが究極の目的なのかもしれません

-Culture

Copyright© フルスタックエンジニアを目指す , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.