Realm基本を再びまとめる(1)

もう一度Realmの基本について覚え書きのためにまとめ

Realm for Java公式ドキュメント

導入

build.gradle(project)

build.gradle(Module app)

基本的なモデルの作り方

モデルの作り方の最初の一歩。
■RealmObjectを継承する
■主キーのに該当する変数に@PrimaryKeyのアノテーションを付与
■コンストラクタをオーバーロードするなら、引数なしのデフォルトコンストラクタがいる
■永続化しないフィールドは「@Ignore」を付与

フィールド

  • boolean, byte, short, int, long, float, double, String, Date, byte[]が対応している
  • Boolean, Byte, Short, Integer, Long, Float and Double でもいける
  • RealmObjectも保持できる
  • 一対多を実現する場合などは、 RealmListで表す

必須フィールド

  • @Requiredのアノテーションで必須になる
  • 使えるのは、以下の型、Boolean, Byte, Short, Integer, Long, Float, Double, String, byte[], Date
  • プリミティブ型、RealmListは暗黙的に@Required
  • RealmObjectは常にNullがOK

主キ

  • 「@PrimaryKey」のアノテーションで主キーのフィールドになる
  • 対応可能なのは以下の型、String、byte, short, int, long, Byte, Short, Integer, Long

インデックスを作成するフィールド

  • 「@Index」のアノテーションでフィールドのインデックスが作成される
  • 対応可能な方は以下の通り、String, byte, short, int, long, boolean, Date

永続化の対象外のフィールド

  • 「@Ignore」のアノテーションで対象外
  • staticフィールドは常に対象外

その他にもたくさん色々あるけど、基本的な事項としてまずはこれだけ。

初期化動作

設定はたくさんできるみたいですが、まずはここまでの理解で。

続く。