Realm基本を再びまとめる(5)

もう一度Realmの基本について覚え書きのためにまとめ。
今回は非同期な書き込みについて初歩的なやりかたの覚え書き

非同期な書き込み

書き込み時にはトランザクションを行いますが、その間はUIスレッドを待機状態にさせてしまうことになります。それを避けるためにバックグラウンドで書き込み処理を行う必要があります。※とはいえ、基本的にはかなり高速で書き込めるので、待機状態を実感するのは難しいかも。

問題点を見ている

当然なのですが、スレッドをsleepさせてみるとわかります。書き込み待機中に画面の操作ができません

Realmで提供されているやり方

更新サイトを参考

こちらでも、あえて待機処理をしていますが、その間もUIスレッドを操作できます

自作でもいいような

簡単にするなら自作でもいいような気がします。ですが、RealmのAPIを利用した場合、キャンセル処理などができますね。

Happy Realm Database!