Realm基本を再びまとめる(6)

もう一度Realmの基本について覚え書きのためにまとめ。
今回は検索について簡単に。
クエリーについての公式サイトで

モデル

基本的なクエリ

最終結果を返す

  • findAll 検索対象のオブジェクトを全件返します
  • findAllAsync 検索対象のオブジェクトを非同期で全件返します
  • findAllSorted, fndAllSortedAsync 検索対象を特定のフィールドで並び替えて返す。あるいは非同期で返す
  • findFirst, findFirstAsync 検索対象を1件だけ返す。あるいは非同期で返す

フィルタ

全データ型で使える

  • equalTo 等しい
  • notEqualTo 等しくない
  • in 含む

数値のフィールドで使える

  • between 範囲指定(境界値を含む)
  • greaterThan >
  • lessThan <
  • greaterThanOrEqualTo >=
  • lessThanOrEqualTo <=

文字列で使える

  • contains 含む
  • beginsWith 始まる
  • endsWith 終わる
  • like マッチさせる

他にも

  • isEmpty
  • isNotEmpty
  • isNull
  • isNotNull

チェーンでつなぐと基本的にANDですが、ORにもできる

その他

  • sort(“カラム名”) 並び替え昇順
  • sort(“カラム名”,Sort.DESCENDING) 並び替え降順
  • distinct(“カラム名”) 重複排除
  • sum(“カラム名”) 合計(集計関数みたいな)
  • average(“カラム名”) 平均
  • size(“カラム名”) 件数

こんな感じ。