CakeDC/Usersの基本的な設定

CakeDC/Usersプラグインの基本的な設定についてまとめます。すべてを理解できていないので、初歩的な設定ついてだけ登場します

設定に関するページ

設定に関するファイル

設定項目の情報はプラグイン内のファイルにまとまっています。以下のファイルを見ると、どのような設定が可能なのかを見ることができます

独自設定

その上で、アプリ用の設定を行います。以下のファイルを作成します。ここではログイン後のリダイレクト先URLや、ログアウト後のリダイレクト先を定義しています

config/users.php

その上で、ファイルの読み込みを行います。boostrapファイル内に、追加します

config/boostrap.php

アクセス判定

ユーザを作成すると、管理権限ユーザは「superuser」となります。また、普通にウェブサイト側からユーザを作成すると「user」というロールになります。ここでは、ロール名(superuserや、user)などに応じて、コントローラ、アクションへのアクセス権を判定する設定を行います。「SimpleRbac」というProviderで判定する仕組みを利用します

config/permissions.php

「user」はログイン後は全てにアクセスできる。「superuser」はログイン後に全てにアクセスできるという設定にしてあります。ここを変更するとアクセスを制限できます