猫ちゃん判定アプリ作成への道(第3回:CentOS上でPython3.6、OpenCV3.1が使えるようになるまで)

前回の時点でWindows環境下で動くアプリケーションはできていた
今回は

〇環境
・CentOS7
・python3.6
・OpenCV3.1
で前回までのアプリが同じように動くようにしたい

〇Python3.6のインストール
CentOS上にデフォルトでpython2系がインストールされていた。今回は2系と3系両方とも存在している状態にしようと考えた。

以下のサイトを参考に実施
参考

無事にインストール。python -Vで確認すると3.6.1と表示。3系がインストールされている。

ここで注意!前回のソースでは一番上に

#!/usr/bin/python

と記述している。インタプリタというがここで指定しているPythonがソース上で動くPythonになる。
cd /usr/bin/pythonで移動後python –versionでバージョンを確認すると2.7.2と表示。。。

今のままだとpython2系が動いてしまうので /user/bin/上に/usr/bin/python3を作成。
pyenvの3.6.1を見るように設定したうえでソースの#!/usr/bin/pythonを#!/usr/bin/python3に書き換えてあげることで3系で動くようになった。

3系の構文でエラーになり最初は悩んでいたがこの#!/usr/bin/pythonにはこんな意味があったなんて。。。無知は怖い。。。

〇OpenCV3のインストール
以下のサイトを参考
参考

そうすると以下のエラーが出てしまうnasmのバージョンが低いと怒られてしまう。。。
仕方なく以下のサイトからnasmを最新化した
参考

この作業なしに無理やり作業を継続しようとすると最終的にエラーが出てしまう。。。nasmのバージョン違いが原因と発見するまで約半日。。。
その後はサイト通りに必要なものをインストールしてあげればOpenCVがインストールできる。

今回はLinux環境での作業であった。
筆者はこれまでの仕事環境下ではWindowsをメインにやってきたためLinuxでの作業の経験が不足気味であると痛感した。。。
今後本格的にPythonをやっていこうと思えばいずれ行きつくLinux上での戦い!今回はその序章であったのかもしれない

続く